脂肪溶解注射の効果の口コミをランキング

 

男性も女性も痩せたいと思っている方は多いです。運動や食事制限などをして体重が減っても脂肪が落ちないという方も多いのではないでしょうか。

 

何とかしたい脂肪、最近話題の切らない痩身法があるのはご存知でしょうか?それが脂肪溶解注射です。

 

この脂肪溶解注射というのは、その部分に注射をして脂肪を溶かすことで痩せることが出来ます。解けた脂肪は尿などによって排出されます。

 

痩せたいと思っている方には非常に嬉しいこの注射。こちらのサイトでは安心して行えるクリニックをご紹介いたします。

 

湘南美容クリニックの特徴


湘南美容クリニックは、手軽で安い脂肪溶解注射(BNLS neo)が打てます。10本なら1本あたり2,980円とダントツのコスパ!通常1本からでも3,600円です。


従来のBNLSにデオキシコール酸を配合し、さらに大きな脂肪溶解効果が得られます。デオキシコール酸はアメリカFDAで認証された医薬品成分です。顔痩せはもちろん体の部分痩せにもおすすめ。


注射直後からメイク可、痛みも少なく、ダウンタイムもないため安心して利用ができます。

価格 1本2,980
評価 評価5
備考 BNLS neo注射
湘南美容クリニックの所在
全国にクリニックあり
東京美容外科の特徴


東京美容外科は、独自ブレンドの3種の薬剤が短時間で高い痩身効果の得られる脂肪溶解注射です。


美容外科の脂肪溶解注射では主成分として用いられているフォスファチジルコリン。その他の薬剤の中には肝臓機能保護作用もあり、溶解した脂肪と共に体外へ排泄されるので安心です。


気になるところに直接注射が可能。リンパの流れや血行を改善し、セルライトにも効果を発揮します。当日施術なので日帰りできるのも魅力です。


また通常の脂肪溶解注射のほか、BNLS・BNLS neoなどのダウンタイムの少ない施術も可能。

価格 8,500〜
評価 評価5
備考 BNLS 4,900円〜、BNLS neo 8,000円〜
東京美容外科の所在
全国にクリニックあり
KMクリニックの特徴


Wの燃焼作用と脂肪を溶かす成分でリバウンドしにくい体質を目指す脂肪溶解注射です。何をやっても落ちない脂肪にはフォスファチジルコリンで脂肪を溶かします。


フォスファチジルコリンは、大豆に含まる(アミノ酸の一種)レシチン。大豆から抽出される成分で安全。頑固なセルライトも汗や尿として排出でき、新陳代謝を促進させるので中世脂肪をためにくくさせます。


気になる部分に直接注射できるので、理想のボディラインを作れます。施術も短時間で体への負担も少ないのも安心なところ。医師による丁寧なカウンセリングで安心。

価格 5,000
評価 評価4
備考 BNLS注射 3,500円
KMクリニックの所在
新宿・銀座にクリニックあり
もとび美容外科クリニックの特徴


もとび美容外科クリニックのMITIは脂肪溶解2大成分が多く入っている脂肪溶解注射です。腫れ・痛み・内出血が少なく、長期で取れないという方でも週末のお休みで受けられます。BNLSなどの輪郭注射と比べると、脂肪を溶かす成分が多く含まれているためより効果が出やすいのも嬉しいところ。


気になるところにピンポイント注射、手軽に受けられます。同時に麻酔も注射するため痛みが軽減。基礎代謝を高める、筋肉うを発達させることにより、肌にハリとツヤを与えます。内出血を減らすなど、経験豊富な意思が希望の治療を提案してくれるので安心。

価格 14,800〜(MITI)
評価 評価3
備考 BNLS2,980円〜 BNLS neo3,800円〜
もとび美容外科クリニックの所在
新宿にクリニックあり
渋谷DSクリニックの特徴


渋谷DSクリニックは、ドラッグデリバリー型のボディ専用脂肪溶解注射という新しい脂肪溶解注射を提供します。新たな脂肪の合成を抑制してくれます。従来の脂肪溶解注射にはない、ハイブリッドペプチドを配合し、注入後役2週間に有効成分が体内に徐放。


より安全に痩身効果を実感。自己流ダイエットでは取ることが難しい皮下脂肪にもアプローチ。ヒアルロン酸も配合しているため、施術後の炎症反応や肌の状態を良くし、当日から日常生活が送られます。

価格 8,000
評価 評価3
備考 ダイエット専門医療クリニック
渋谷DSクリニックの所在
渋谷・銀座にクリニックあり
表参道スキンクリニックの特徴


表参道スキンクリニックは、たるみやリンパの悪循環によりたるんでしまった顔にピンポイントでできる新しい脂肪溶解注射を行います。


植物から抽出した成分で脂肪溶・肌の引き締め、リンパ循環を促します。メスを入れなくても小顔を目指せる安心の技術です。


個人差はあると言え、注射後役3日で効果が実感できます。カウンセリングもスタッフとのカウンセリングで悩みや料金システムを相談し、担当医とのカウンセリングも丁寧に対応。施術後のアフターケアも対応、施術後しばらくたってからでも相談にのってくれます。

価格 3,950〜
評価 評価3
備考 まずは無料カウンセリングへどうぞ!
表参道スキンクリニックの所在
表参道・大阪・名古屋・福岡・沖縄にクリニックあり

 

 

脂肪溶解注射って大丈夫なの?

 

まず、脂肪溶解注射について説明をしますが、これは脂肪が付いて気になっている身体の部位に注射をすることで脂肪を溶かして尿や便から排出させるというものです。ダイエットをしてもなかなか落ちない部位の脂肪を落とすことが出来るという画期的な痩身法となります。

 

注射だけではなく、最近では塗るタイプのものもあります。では注射を打つ手順ですが、基本的に1回だけでは効果は薄いので、2週間から3週間の期間をあけて平均で6回くらいの施術で自然な効果を得ることができます。

 

クリニックによって薬剤の量などは変わりますので良い薬剤を沢山使っていれば費用も高くなります。3万円のところもあれば10万円のところもありますのでどちらに行くかは個人の判断にお任せします。

 

では、この脂肪溶解注射のメリットは何になるかというと、もちろん部分痩せ出来るのは当然のメリットですが、それ以外に短時間で施術が出来て体の負担も少ない、そして脂肪の細胞自体を溶かし、細胞は再生しないのでリバウンドが非常にしにくいという注射です。

 

成分は主にレシチンやLカルニチンとなっております。レシチンの効果として脂肪を溶かす働きがあります。しかし解けただけではまた脂肪細胞に取り込まれてしまいますので、そこでLカルニチンによって排出されます。

 

このような流れで部分痩せをする上で非常に効果的で安全な方法になりますので、興味がある方は是非、施術を受けてみてはいかがでしょうか。

 

脂肪溶解注射と脂肪分解マシン

 

脂肪溶解注射と脂肪分解マシンはどちらの方が効果があるのでしょうか。痩身法としてどちらの方が優れているのかを説明します。まず脂肪溶解注射のメリットはこんなものがあります。

 

施術はすぐに終わる、無理にダイエットする必要はない、注射で脂肪細胞を溶かしたら細胞は増えないのでリバウンドしにくい、切らないので安全性が高い、エステと併せることで効果は高くなる、副作用がほとんどないというものがあります。

 

反対にデメリットですが、施術後は長くて1週間程度の痛みや腫れが生じる場合がある、1回で投与量が決まっているので複数回の施術が必要というものがあります。

 

では、次に脂肪分解マシンのメリットですが、痛みが少ない、施術した日に帰宅が可能、無理なダイエットの必要はない、脂肪細胞を溶かすのでリバウンドしにくい、安全などほとんど脂肪溶解注射と同じです。

 

デメリットは超音波により耳鳴りが起こる、音によって体調が悪くなることがある、効果を得るには複数回の施術が必要などがあります。どちらが優れているのかというのはです。基本的にメリットやデメリットだけではほとんど同じですので判断は難しい

 

ではどうすればいいのかというと、基本的に効果に対する口コミ、評判などで選ぶといいでしょう。同じ脂肪溶解注射でもクリニックによって効果が薄かったり、すぐに効果が出るという差が出てきます。痩身法を選ぶというよりもクリニック選びを優先して、自分に合ったクリニックを探す事が大切です。

 

 

脂肪溶解注射のメリット4選

 

痩せたいけど痩せられないという方は非常に多くいらっしゃいます。また、痩せても体重が減っただけで肝心の取りたい脂肪がとれてないという悩みを持っているかたも多いです。そういったときにオススメできるのが脂肪溶解注射となります。この思慕溶解注射に関して4つのメリットを紹介します。

 

1つ目は施術が簡単だということです。その名の通り、注射ですので大掛かりな手術をする必要はありません。ただ、一度での効果は薄く、個人差はありますが期間をあけて数回接種する必要があります。

 

2つ目は部分的に痩せることができるということになります。例えばお腹周りの脂肪を取りたかったり腕や足の脂肪が取りたかったり悩みは様々だとは思いますが、その部分に注射をすることで部分痩せが可能になります。

 

3つ目は施術時間が短いということです。15分程度で終わる施術ですので忙しくてなかなか時間が取れないという方でも可能です。

 

そして最後4つ目が傷跡が残らないというところです。脂肪吸引とよく比べられることがありますが、脂肪吸引などはメスを使いますので傷跡が多少残る可能性がありますが、脂肪溶解注射は注射ですので、傷跡が残るということがありません。

 

とにかく気になっている部分だけ痩せることができますし、セルライトなどにも効果的といわれている痩身法となっています。注射した部分はマッサージをすることで脂肪が尿や便と一緒に排出されますので、毎日マッサージするようにしましょう。ダイエットが上手くいかないという方は是非試してみてはいかがでしょうか。

 

参考に:脂肪溶解注射の副作用は?おすすめランキング

 

 

費用は様々な脂肪溶解注射

 

まず、脂肪溶解注射に関しては美容外科になります。つまり、保険治療ではありませんので料金が自由に設定することができます。つまり脂肪溶解注射の料金はいくらなのかと調べても病院によって様々だということは、まず前提として理解しておきましょう。

 

また、もちろん保険治療ではありませんので安いという価格ではありません。脂肪溶解注射は1回の施術で100%の効果を得られないこともあり個人差はありますが3回〜10回といわれています。もちろん毎回費用がかかってしまいますので施術が多ければ多い程費用もかさみます。

 

病院によって本当に様々ですが、相場としては3万円程度、高くて5万円程とよく言われています。もちろんこれは1回の価格ですので、やはり複数回施術をすることによって高額になってくるでしょう。

 

ちなみに、腹周りや腕、太ももだったり施術部位によって費用が変わるといったところもあるといいます。ですので、もしクリニックを探す際には自分がどこに施術をしてもらいたいのか、その部位の費用はいくらになるのかなどを考えてクリニックを選ぶといいでしょう。

 

もちおrん事前にカウンセリングもありますのでそこまで焦る必要はありません。カウンセリングでどのくらいの費用が掛かるのか、そのくらいの回数の施術が必要なのかということを確認しておきましょう。とにかくクリニック選びで大きく変わってきますので慎重に自分に合った施術をしてくれるところを探しましょう。

 

筋トレで脂肪肝予防

 

メタボリック症候群と診断されたら、まずは食事を制限し、筋トレやダイエットを考える方が多いでしょう。メタボリック症候群の人は脂肪肝である場合が多く、筋トレに取り組むことや脂肪肝に効くサプリは非常に効果があります。

 

筋肉を動かすと、脂肪もエネルギーとして燃焼されます。長時間の筋トレをすると体が熱くなりますが、これは脂肪が燃やされているあかしなのです。ただし、すぐに脂肪が燃えるわけではありません。燃焼されはじめるまでに、およそ二十分が必要とされています。

 

運動不足の方が、いきなり長時間の筋トレをすることはむずかしく、かえって体に負担がかかってしまいます。まずは少しの筋トレからはじめ、徐々にその時間を増やして脂肪を燃やしていきましょう。脂肪肝は食生活でも改善することができますが、脂肪を燃焼しやすい筋肉を作ることも、脂肪肝の再発を抑止する効果があります。

 

ダイエットと筋トレを同時に行うときは注意が必要です。タンパク質には筋肉の増強を助ける効果がありますが、肝臓に溜まった脂肪を排泄する働きもありますので、目安とされるタンパク質が不足しないよう、運動のたびに補給してあげなくてはなりません。

 

脂肪肝がきっかけで筋トレをはじめるなら、運動不足も解消されますし、脂肪も燃焼されて、体にとって一石二鳥ですね。長く続けられるよう、無理をせず、自分に合ったペースで少しずつはじめてみるのがよいでしょう。

 

えごま油は一日にどれくらい摂取するべき?

 

エゴマ油というのは、オメガ3脂肪酸がたくさん含まれていて健康にいいという話を聞いたことがある人もいると思います。なんでもそうですが、摂取するのであれば適量がありますよね。さて、このエゴマ油の場合は、どれくらいが摂取目安量になっているのでしょうか?

 

食事摂取基準を見てみると、日本人の成人男性の場合は、オメガ3脂肪酸を2.6g、女性の場合は2.3g以上摂取するのが望ましいとされています。具体的にどれくらいの量なのかイメージをすることが出来ない人もいると思いますので、もう少し具体的に説明をすると、えごま油の効果・食べ方はスプーン1杯分くらいを目安にするといいかと思われます。

 

ただ、リノール酸といわれる脂肪酸は、あまり摂取しないように注意をする必要があります。リノール酸が含まれている油として、コーン油や紅花油などがあるのですが、このリノール酸を大量に摂取してしまうと、アレルギー症状がひどくなってしまったり、うつ病や動脈硬化、顔などのような病気を発症してしまうリスクが高まってしまうのです。

 

これらの病気というのは、αリノレン酸やリノール酸のバランスが崩れてしまっていることが原因であることも少なくないといわれています。ですので、オメガ3脂肪酸とリノール酸のバランスをちゃんと保つように摂取をするようにしておかなくてはならないということです。

 

エゴマ油の元になっているえごまというのは、オメガ3脂肪酸であるαリノレン酸が多く含まれています。このαリノレン酸によって、大量に摂取してしまったリノール酸の働きを妨げてくれるのです。

 

ページの先頭へ戻る